オナ電って何?

オナ電というセックスの形があることを知る人はどれくらいいるでしょうか?
実際にオナ電を経験したことがなくても、名前は聞いたことがあるという人は少なくないでしょう。

それでは、オナ電のことをどこで知ることになるのでしょうか。
おそらく雑誌の広告で知ったという人が多いと思います。
実際、様々な雑誌の広告には。オナ電というキーワードがふんだんに盛り込まれています。

それらの広告は、一体何を宣伝しているのでしょうか?
一概には言えませんが、ほとんどがオナ電のサイトを宣伝しているのです。
今の世の中では、そのサイトを利用するだけで、簡単にオナ電の相手探しができ、オナ電を行うことができるのです。
そのようなオナ電サイトの広告は、アダルトであれ、ノンアダルトであれ、様々な媒体に広告が掲載されています。

そういった意味では、もはやオナ電というジャンルが確立されているのです。
そもそもオナ電の歴史は古く、かつてのダイヤルQ2などもオナ電と呼べるものです。
電話越しにするセックス、つまりイマジネーションを駆使したバーチャルなセックスは、昔から需要があるのです。
またオナ電のサイト自体も常に進化していることが、広告をよく目にする要因なのです。

インターネットが普及して、オナ電サイトが誕生し、日々サイトは利便性を高めてユーザーフレンドリーになっているのです。
そういった意味では、最先端とも言えるオナ電は、現在、一番熱いセックスのジャンルとして注目を浴びているのです。

オナ電の魅力

オナ電は、相手と実際に肌を重ねてセックスしているわけではありませんから、それをデメリットということもできます。しかし、その反面、オナ電にはメリットがあります。
つまり、想像力を駆使して行う点ですが、その魅力を探っていきましょう。
イマジネーションを使いますから、当然、リアルではありません。

面識のない人ならわかりませんが、相手が恋人となるともちろん顔や姿を認識していることになります。

しかし、エッチなことを思い浮かべるとき、普通、相手をかなり美化して描くことが往々にしてあると思います。
したがって、オナ電では相手を実物よりも魅力的で理想的な女性に仕立てた上で、快感を得ることができるわけです。

ただ、声がNG・・・ということもありますが、たとえ声がタイプでなくてもそこまで問題にはならないでしょう。
ですから、相手が実際にタイプでなくても、それこそ満足できるエッチが実現できるのです。

あと、会話がメインになりますから、お互いの気持ちを探りながらコミュニケーションを図っていきますから、精神的な繋がりというか親密度が増すことにもなります。
例えば、恋人同士でオナ電をすれば、実際のセックス以上に、相手の心の動きに集中してプレイができるのです。

相手が求めている言葉、音、それは何か・・・。
そう考えてプレイすることになりますから、相手思いになり、プレイが終われば、依然より相手を身近に感じられるはずです。

会わなくても、お互いのことをちゃんと思える。
オナ電の最大の魅力は、この気持ちの部分が大きいのではないでしょうか。

体験してみて分かる良い点

オナ電とは電話越しにするセックスですが、果たして1週間あたりどれぐらいの人が何回オナ電をしているのか気になります。
個人的な意見ですが、セックスとは相手と肌と肌を触れ合わせて、相手の温もりを感じながら行うからこそ、気持ちよくなれると思いますので、正直、電話を通して声だけでとなると、快感を得られないような気がするのです。

しかし、もちろん人によっては直接体を重ねるセックスよりも、受話器越しにするセックスのほうが興奮するという人もいるはずです。
セックスの嗜好は千差万別、オナ電が向いていると思う人はそれでいいのでしょう。
一度、オナ電を体験してみるといいのかもしれませんね。
案外、思っていたよりもよかったと感じる人もいるかもしれませんし、また逆に、やっぱり直接絡んだほうが気持ちいいという人もいるでしょう。
仕事で忙しい人や学生で直接会うことを避けている人などから、オナ電は絶大な支持を得ています。

ホテル代を支払う必要がありませんし、必要なのは電話代だけですから、オナ電は比較的安価で楽しめるものと言えるでしょう。
個人的に一度メールのチャットを通してセックスをした経験があるのですが、セックスが文字で表現されるとそれなりに官能的でエロいなと思ったことがあります。

相手の声と表現力、そして自分の想像力を駆使すればオナ電を十分に楽しめるのは間違いありません。

オナ電に必要な相手


オナ電に必要不可欠なのは、異性の相手ということになります。
同性だとプレイできませんので、異性を求めるのが基本ですよね。
異性なしではオナ電が成立しませんし、それではただのマスターベーションになっていまいます。

相手の声に興奮し、初めて関係が成立するのがオナ電というわけです。
そういった意味では、オナ電はしたいときにできないものでもあります。
まず相手ありきですから。
悶々とした気分で、相手探しをしなくてはならないわけですから、結構面倒ですよね。
手っ取り早く相手を得ようとしても、女ともだちには電話できませんよね。
異性であることは間違いありませんし、仮にできてしまったら、それはそれで嬉しいわけですが。

ただ、女ともだちをオナ電に引き入れると、それまでも友人関係が崩壊していまいます。
たった1回のオナ電で、大事な友人を失いたくはないものです。
そうとはいえ、間違って男友だちに電話してしまうと、変な気分になってしまうでしょう・・・。

それだけ異性の存在が大きいということです。
オナ電はしたいときにすぐできないからこそ、逆に興奮し、癖になってしまうのでしょう。
しかし、オナ電専用の異性を作るということも、現実的には難しいのです。
また、そのためだけのサイトもそうそう見つかるものでもありません。
そういった意味では、オナ電は身近なようで遠い存在なのかもしれませんね。

どんな人に支持さてれいるの?

オナ電は年齢制限に触れない限りは誰でも自由に参加することができるものです。
現在はインターネットが普及したおかげで、どんな人でも簡単に出会いの情報というものを手に入れることが出来るような状況にあるわけなのです。
非常にたくさんの人たちが色々なサイトを利用して出会いを実現させようとしているのですが、中には納得の出来ないサイトというものもあるようです。

そこで大切なことは、自分が本当に求めていることは何なのかをはっきりとさせた上で、インターネット上にある色々なサイトを利用するようにすることであるといえるでしょう。
オナ電に関しては、若い人たちからかなり年配の人たちまで多くの人たちに人気のある方法であると思われます。

実際にこれらの多くの人たちがオナ電のサイトを利用していますので、今後もオナ電はどんどん人気が出て行くものと考えられます。
大きなサイトはさらに大きくなり、小さなサイトは少しでも大きくなることによって、さらにたくさんの利用者が楽しめるようにして欲しいと願っています。

あえて苦言を呈するならば、出会い系サイトに対してはやはり多少勢力が弱いと思われますので、利用者の声を聞きながらこの先のサービスの向上に邁進して欲しいと思います。
外に出かけてセックスをすることが億劫な人でも、オナ電なら電話があればOKなので、さらに人気は高まるでしょう。

さらに各々のライフスタイルに最適なオナ電をすることも可能であるため、これからのオナ電の進化にも期待したいところです。
セックスを電話で済ませる事に関しては色々と異論もあるかもしれませんが、どうやら今は利便性というものを重要視する時代のようです。

どのくらいの時間を楽しむ?

オナ電を使用と思うのであれば、先ず相手になる人を見つけなければなりませんが、その前にオナ電そのものはどのくらいの時間するものなのでしょうか。
相手次第で電話をしている時間というものも変わってくるとは思いますが、いずれにしても電話代はかかるのですからあまり長時間にわたってオナ電をする人はいないと思われるのです。
私の場合は一回しかやったことがありませんが、30分くらいで終わったはずです。
その時はオナ電というものが初めてだったこともあり、さすがに何をどうしたら良いのか全然分からなかったのですが、相手の人がベテランで上手くリードしてくれたので、その人の言うとおりにやっていたらいつの間にか終わってしまいました。

個人的にはそのオナ電で満足できたとは思えませんでしたので、これからオナ電を経験してみようと思っている人は、ある程度どういった感じでやるのかを考えておいた方が良いと思います。
オナ電に限ったことではありませんが、セックスというものは長くやれば良いというものではないはずです。

与えられた時間の中でいかに満足できるかが大事なのです。
オナ電でも、それを満足できるものにするためには、自分で色々と努力をしたり工夫をしたりしていくことが必要であると思われるのです。

結局のところ、時間はあまり関係ないということになりますし、電話を通した声というものでいかにお互いに満足できるかということに集約されるのです。

音で盛り上げていく

オナ電というものは、電話の声だけで擬似的なセックスを楽しむものです。
つまり、顔を見れるわけでもなく肌に触ることもないために、人によっては物足らないと思うかもしれません。
しかし、そこに上手に演出を加えていけば、オナ電はかなり満足できるものとなるはずです。

そして最も効果的な演出は、音を工夫することです。
受話器を通じてパートナーをエッチな気持ちへと導くには、エッチな効果音を聞かせることが重要になるでしょう。
例えば、唾液をすする音を出したり、気持ちが良くて思わず出てしまうような声を上げてみたりするのです。
そんな音を聞かされている方は、思わず相手の状況をイメージしてしまいエッチな気持ちになってくるはずです。

電話の場合は相手の顔が見えないために、普通では面と向かって言えないようなことも平気で言えることもあるのです。
このようにオナ電では音が大切な要素となるので、自分がオナ電をする場合にどういった音が出せるのか、
あらかじめ確認しておくことも大事です。そうすれば、いざ本番という時にもスムーズに音が出せるでしょう。

オナ電はいきなり始めてもあまり上手く行かないかも知れません。
台本とは言いませんが、ある程度のシナリオとか展開などをあらかじめ決めておいた方が、スムーズなプレイが楽しめるでしょう。
オナ電は想像力も大事ですが、企画力というのもかなり重要なのです。
自分の考えた企画通りに事が運んで行き、パートナーが絶頂を迎えた時、ある種の充実感が得られるはずです。

オナ電後に実際に出会っちゃう?

現在ではいろいろな出会い系サイトというものがあり、たくさんの人たちがこういったサイトで相手を探しているようですが、実際にそういったサイトで満足な出会いが実現されているのでしょうか。
出会い系サイトを利用している人たちの中には、真面目な交際というものを希望している人たちもいますが、多くの人たちはセックスをその目的としている場合が多いと思われます。
そしてセックスを目的とした出会いの特殊な形態としてオナ電というものがあり、これがなかなか人気なのです。

オナ電とは、電話を通してお互いの声だけでセックスを行なうというものですが、これまで出会いを実現できなかった人たちが結構利用しているみたいなのです。
このオナ電は、徐々に進化しながら、近い将来ではお互いの顔を見ながらセックスするような形態になる可能性が極めて高いと思われるのです。
そうなってくると、オナ電はますます本来のセックスに近づくようになるわけです。
相手の顔も体も見ることが出来るとなれば、セックスの雰囲気はさらに高まるものと考えられます。

現在でもかなりの人が利用しているので、今後はその利用者もどんどん増えていくことになるでしょう。
ケータイを利用して相手を探し、その相手と実際に会うことなくその場でセックスまで出来るという手軽さが、オナ電の魅力のひとつでもあるのです。
これから先の新しい出会いの形態として、オナ電は多くの人に受け入れられていくものと思われるのです。